iPhoneSEケースはどのタイプにするか

iPhoneSEケースには手帳型、ハードケース、シリコン、それにTPUケースが販売されています。手帳型なら画面を保護できるので安心ですし、物を入れられるポケットがあれば「いざという時のお札や電子マネー」を収納する事ができて便利です。ハードケースは軽くて薄く、多種多様なデザインがあり安価なので、iPhoneSEを模様替えしたいときには便利です。ボタンの部分には穴が開いている為アクセスしやすいです。シリコンケースは手から滑らず、落とした時に傷が付かない安心感があります。ボタン部もシリコンですが、押しづらくはありません。TPUケースはハードとシリコンケースの間くらいで比較的柔らかく、デザインも多いです。ただ、ボタン部分は穴が開いておらず、若干上から押しづらい商品があるようです。どの種類にするか、メリットとデメリットを比較して考えましょう。

iPhoneSEケースをフィット感で選ぶなら

高画素数の優れたカメラを搭載するiPhoneSEは、暮らしの中でスナップショットを撮影する場合でも、とても重宝する存在です。そこで、写真を撮影する時のグリップ感を考慮してiPhoneSEケースを探すなら、シリコン製のケースが候補に挙げられます。シリコン樹脂は手に馴染む素材ですから、滑りづらく、本体をしっかりホールドしてシャッターが切れます。また、TPU素材も手にフィットするため、同様におすすめできる素材です。一方、見開き型の手帳タイプには、持ち手としても使えるグリップなどが付いているケースもあります。そのiPhoneSEケースでも、本体を持った時に安定感がありますので、写真を撮る際にも便利です。そして見開き型の手帳タイプを購入する場合は、右開きや左開きなど、自分の使いやすい方をチョイスすることがポイントです。

iPhoneSEケースの需要はあるのか

iPhoneSE自体、メインの機種から逸脱した別枠の機種となるため、あまり出回っていません。機種代が非常に安いこととiPhone5と大きさ、ボタンの位置など操作性が全く同じながらカメラの画素数の向上と処理能力がアップされているため、主に5、5sからの機種変更の人向けの機種となりました。メインではないためそれ専用のスマホケースというのは発売されておらず、5のケースをそのまま兼用で使ってもらうという売り方がメインですし、現在もそれは変わりません。今後SE専用のケースというのは発売されないでしょうし、SE自体も市場からなくなっていくことでしょう。とは言え5、5sを使われている人はまだ沢山おられるのでiPhoneSEケース、合うケース自体はまだまだ市場に沢山残っています。それらを兼用して使うしかありません。新規で作るメーカーもないでしょう。

Powered by WordPress | Designed by: wordpress themes 2011 | Thanks to Best WordPress Themes, Find WordPress Themes and